新型コロナウイルス感染予防対策について

野外活動の受け入れ再開にあたり「自然学校等における新型コロナウイルス対応ガイドライン」 を参考に下記のとおり感染予防の対策をしてまいります。ご参加にあたっては、ご不便をおかけしますが、 何卒ご理解ならびにご協力を賜りますようお願い申し上げます。

■プログラム実施について

・密閉空間・密集場所・密接場面、が揃うことを避け、森や川などの野外での活動を基本とします。

・不特定の人を募集する場合は、当面の間定員を通常より少なくします。また団体様の受け入れの際は、できるだけ少人数のグループに分かれてガイドやアクティビティを実施いたします。

■お客様へのお願い

・発熱、咳、倦怠感等、体調の優れない方はご参加をご遠慮いただきますようお願いいたします。

・マスクをご持参、必要に応じてご着用いただき、咳エチケットへご協力ください。

・森には手洗水とせっけん、室内には消毒液を設置しておりますので、随時、手指の消毒をお願いいたします。

・体調が優れないと感じた場合は、お近くのスタッフまでお申し出ください。


■飛散防止・消毒

・室内利用の場合は、蛇口、 扉、化粧室の扉等、手指の触れる機会が多い箇所の消毒を適宜行います。

・室内には、消毒液を設置いたします。

・接客スタッフはマスクを着用いたします。

■空間の確保

・アクティビティにご参加の際は、他のグループの方と距離を取り行動していただきます。

・雨天時など、室内でのプログラムを実施する際はできるだけ窓を開放し換気いたします。

■スタッフの健康管理

・毎日の体調チェック・手洗い・うがいを徹底しております。

・37.5℃以上の発熱や体調の優れない場合は、出勤停止の措置をとります。

・不急の出張は取りやめ、不特定多数が集まる集会・イベント等への参加を自粛するよう指導しております。

※上記については今後、日本政府ならびに関係機関の示す方針に準じ、更新する可能性がございます。その際は、改めてご案内申し上げます。

上にもどる