大野市と交流を行う市を紹介します!

市では、歴史的につながりのある市や町への訪問や、受け入れの支援を行い、交流人口の拡大を進めています。
今回は、交流を行う市や町のうち、姉妹都市と友好交流市をご紹介します。

姉妹都市(茨城県古河市)

古河藩は土井家の始祖である後の徳川幕府大老土井利勝が入封し、古河土井家による支配が始まりました。大野藩は土井利勝の四男利房が入封し明治維新を迎えるまで大野土井家の支配が続きました。
平成2年に「姉妹都市提携」と「災害時における相互応援協定」に調印。市町村合併後の平成18年に再度提携を結びました。

古河市花桃まつり

古河市花桃まつり

 

友好交流市(愛知県岩倉市)
愛知県岩倉市とは旧和泉村の縁で、平成19年に「友好に関する合意」と「災害時における相互応援協定確認書」が結ばれました。
岩倉市の五条川堤には約1,400本の桜が植えられ、「日本のさくら名所百選」にも選ばれています。春には桜が咲き誇り、川の両岸から伸びるはまるでアーチのようです。

岩倉桜まつり

岩倉桜まつり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上にもどる